2012年05月08日 | プレスリリースPC版が登場&機能拡充し、ますます便利に! PC版が登場&機能拡充し、ますます便利に!

株式会社アイ・エム・ジェイ(JASDAQ 4305)グループの株式会社コードスタート(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:櫻井 徹)は、複数のECサイトに対応したお買いものアプリとしては国内ナンバーワン(※)のダウンロード数を誇る「ショッピッ!」を機能拡充するとともに、「ショッピッ!PC版」を2012年5月8日(火)よりサービス開始いたします。

2010年6月よりサービス提供している「ショッピッ!」は、iPhone/Androidを合わせて63万ダウンロードを突破(2012年5月現在)し、商品のスキャン回数も月間10万回を超えるなど、バーコードを読み取り、商品情報の閲覧や価格比較を行うことはスマートフォンユーザーに浸透してきています。 ユーザー数の急増に伴い、皆様からのご意見・ご要望を取り入れ、更なるサービス向上のため、アプリのユーザー以外も利用可能な「ショッピッ!PC版」(http://shoppi.jp/)のサービスを開始するとともに、アプリの大幅な機能拡充をいたしました。

PC版ショッピッ!
PC版 ショッピッ!

アプリ版ショッピッ!TOP アプリ版ショッピッ!ネット価格比較 アプリ版ショッピッ!店舗価格比較
アプリ版 ショッピッ!

PC版との同期機能

今回新たにサービス提供を開始した、「ショッピッ!PC版」と、アプリの「お気に入り/閲覧履歴」が同期できます。本機能により、ユーザーは利用シーンによって、スマートフォンとPCの使い分けが可能となり、「外出中、アプリでお気に入りに登録し、帰宅後、自宅のPCを使って購入する」 など、より便利にお買い物を楽しめるようになりました。また、提携サイトのうち、スマートフォンへの最適化がされていないECサイトでの購入も、PC版を活用することで、スムーズに購入手続きが行えます。

実店舗の商品情報の表示

ユーザーの 「今すぐ欲しい」 という購買ニーズに対応するため、GPS機能を利用し、ユーザーの現在地から近い実店舗の価格・在庫情報の表示が可能となりました。情報提供をいただく実店舗側のメリットとして、商品情報を掲載することで、購買意欲の高い生活者に対し、ネット上での集客が可能となりました。現在は、一部店舗のみを表示していますが、これからも様々な商品カテゴリーの店舗情報を拡充し、さらに、各店舗でのキャンペーン情報や、POSシステム・顧客データベースと連動したクーポン配信機能など、実店舗にとってより有効なO2Oプラットフォームとしての機能追加を検討しております。

UIデザインを大幅リニューアル

取り扱い店舗の一覧情報、店舗間の価格比較、最安値店舗の情報、商品レビューの閲覧など、ユーザーが必要な情報を最適に配置することで、商品の情報閲覧や価格比較、商品購入が簡単になりました。店舗情報は、価格が安い店舗から上位表示し、全ての検索結果が表示されるまでのストレスを軽減。また、楽天・Yahoo!ショッピングの価格情報は最安値のみを表示するUIデザインへと変更し、提携店舗一覧での価格比較が行いやすくなりました。

ページトップへ